2014年8月3日日曜日

夏目漱石について常々残念に思っていること

 相変わらず朝日新聞で連載中の『こころ』を娘に朗読させている。先生の手紙にKがでてきて、そろそろクライマックスである。
音で聞いているとわかるのだが、漱石の文章は本当にリズムがいい。なんというか、耳で聞いていると、上等の縫い物が目の前で出来上がっていく感覚がある。縫い目が細かく、それでいて窮屈でなく、運指が完璧で縫う目を過たない。
 そうした文章の妙が娘にどの程度伝わっているのか、いないのか、少々おぼつかなくはあれど、内容くらいはわかっているようだ。 

 こうして漱石の文章の魅力に改めて浸ってみると、やはりついつい残念な想いもわいてくる。
 残念、というのはジェイン・オースティンのことだ。
 漱石はオースティンを「天才」と評し、自ら教鞭をとる大学の授業でもとり上げた。漱石と言えば「則天去私」だが、漱石はオースティンの小説こそが「則天去私」だとしていた。江藤淳は出世作『夏目漱石』において、漱石を「ジェイン・オースティンを師とあおいだ、未完成の作家に過ぎない」とひねくれたことを書いている。
 そこで残念に感じるのは、漱石はなぜオースティンを翻訳しておいてくれなかったんだろう、ということだ。当時翻訳物はけっこうな需要があったのだから、出していても不思議ではない、というか出してない方が不思議に思えるのだが。
 くああ、漱石訳『高慢と偏見』とか読みてえなああ。
 誰か「漱石風」でいいから訳してくんないかしらん。
…………
 It is a truth universally acknowledged, that a single man in possession of a good fortune, must be in want of a wife.
 However little known the feelings of views of such a man may be on his first entering a neighbourhood, this truth is so well fixed in the minds of the surrounding families, that he is considered the rightful property of some one or other of their daughters.

…………

 あまねく知られたこととて、嘱望されたる男子こそは、妻を娶らねばならぬとされる。
 人となりも見てくれもかまやしない、かの男がご近所さんを訪れたなら、娘の誰かのものとなってくれと、家中が願ってやまぬようになる。

…………

 で、ちょっぴり冒頭を自分でやってみたけど、どうだろう。……あ、言わないでいいからね。

 ところで、漱石の翻訳と言えば、I love youを「月がきれいですね」と訳した、という「都市伝説」がある。テレビで取り上げられてすっかり有名になったが、出典がどこの誰やらさっぱりわからん、というなぞの翻訳だ。
 これ、遥か昔(多分中高生くらいのころ)に別な人の話として聞いた憶えがあるのだが……、それが誰だったのか思い出せない。考えだすと、隔靴掻痒感で悶え死にそうになる。誰か助けて。


0 件のコメント:

コメントを投稿