2020年2月4日火曜日

来たぞ我らの超人思想♫

メナード化粧品CM

 いきなり化粧品のCMから始めてしまったが、これからしばらくはニーチェについて書き連ねてみたいと思う。どういう風にするかというと、白水社から出てるニーチェ全集に沿って読み解いていく、というやり方で。愚直に。お行儀よく。あきるまで。
 で、なんでいきなり化粧品かというと、ニーチェの思想にほんのちょっぴり関わってくるからだ。ちょっぴりだけね。でも重要な部分で。
 てなわけで、まず第一巻目の『悲劇の誕生』をとり上げる。
悲劇の誕生

『悲劇の誕生』はニーチェが初めて世に出した著作である。時にニーチェ、二七歳。若い。しかしニーチェはもっと若い頃、二四歳にしてバーゼル大学で古典文献学教授の地位を得ている。古典文献とは、古代ギリシアの文献である。そして、この本のタイトルである「悲劇」も、とりあえずは、ギリシア悲劇を指している。
 ギリシア古典の研究で高い評価を受けていたニーチェの著作だから、当然ギリシア悲劇についての画期的な研究であろう、と周囲は期待した。だがその内容は甚だ哲学的で、文献学的な考察は、刺身のツマの上の小さな菊程度の存在に留まっていた。
 囂々の非難を受ける中、その向かい風に乗って舞い上がるようにして、ニーチェの「哲学」は誕生した。
 とはいえ、ここではまだ「神は死んだ!」と宣言していないし、超人の登場を期待してもいないし、大いなる正午も力への意志もない。
 だが、ディオニュソスは登場する。
 後にニーチェが自らをなぞらえた、狂気を振りまく神である。別名酒の神バッコス(英語でバッカス)。他にも、エウ・ホイの神、ブロミオス、イアッコスなどの呼び名もある。
バッカイ――バッコスに憑かれた女たち (岩波文庫)
 
 
 ディオニュソスの父は、例によってゼウスである。このギリシア神話の主神にして「種まく人」が、テーバイの王女セメレーを見初めて種をつけた。それを知ったゼウスの妻へーラーは一計を案じ、セメレーをそそのかして「本当のお姿を見せて下さい」とゼウスにおねだりさせた。ゼウスの真の姿は雷霆(激しい雷)であり落雷である。ゼウスが真の姿を現すや、神ならぬ身のセメレーは雷に打たれて死んだ。慌てたゼウスはセメレーの腹から月足らずのディオニュソスを救い出し、己の太腿の中に隠して育てた。へーラーの悋気から息子を守るためである。
 神話というのは無茶な話が多いが、その無茶な話から生み出されるのが「ギリシア悲劇」というやつだ。
 エウリピデスはこのディオニュソスを中心にすえ、『バッカイ――バッコスに憑かれた女たち 』という悲劇を作り上げた。
 ニーチェの哲学について語る上で、この悲劇について知っておいた方が良いと考えるので、以下この悲劇の筋を追ってみたいと思う。
 
 ディオニュソスはゼウスを父として、テーバイの王女セメレーから生まれた。が、セメレーの姉妹であるアガウエー、イーノー、アウトノエーらはそのことを認めようとしなかった。
………………
……「ディオニューソスはゼウスの子ではない。セメレーは、誰か人間と床を共にしたのにもかかわらず、
その過ちをゼウスに押しつけた」……
「カドモスの入知恵だ。セメレーはそれに乗せられてゼウスと結婚したと嘘をついたから、ゼウスに殺されたのだ」
………………
 と、このように謗った。
(翻訳ではディオニューソスとあるが、当ブログではディオニュソスと表記します。その方が読みやすいと考えるからです。以下、ブロガーの判断で長音は排除されたりされなかったりします)
「カドモスの入知恵」とあるが、カドモスとは姉妹の父であり、テーバイの王である。ディオニュソスの母方の祖父にもあたる。
 そこでディオニュソスはこの姉妹に狂気を与え、さらにはテーバイ中の女たちを狂わせた。
 女たちは家庭を捨てて顧みず、肌に小鹿の皮をまとい、髪の周りに生きた蛇を巻き付け、手には木蔦を巻いたテュルソスという槍を持ち、神への感謝を表す「オルロー」の声を挙げ、躍り狂い、出会った生き物の肉を素手で引き裂き(この行為をスパラグモスと呼ぶ)、その肉を生のまま食らい(この行為をオーモファギアーと呼ぶ)、酒をがぶ飲みした。そして、男たちと誰彼かまわず行為に及んだ。
 ディオニュソスに捧げるエウ・ハイの叫びと共に、信者のリーダーが吼える。
………………
 「それ行け バッカイ、行け バッカイ、
 流れに砂金をきらめかす トモーロス山の誇る者たちよ
 太鼓の太い音に合わせて
 ディオニューソスを歌え。
………………
 悲劇のタイトルにもなっている「バッカイ」とは、ディオニュソスを熱狂的に信じる女たちのことである。(バッカイは複数形で、単数はバッケーとなる)その別名はマイナデスである。
「マイナデス」とは狂女たちの意であり、語源を「マニア」と同じくする。単数形はマイナス、英訳ではMaenad またはMenad と表記される。そう、冒頭に掲げた動画の「メナード化粧品」のMenad はここに由来するのである。化粧品の名前として、すごくとんがってる気がするが、いいのか、これ。わざとならびっくりだ。

 さて、テーバイがこのような有様になったことを受け、王カドモスは退位し、孫のペンテウスに譲位した。
 ペンテウスの母アガウエーは、バッカイの群れを率いるディオニュソス信者となっている。アガウエーとディオニュソスの母セメレーは姉妹であり、ペンテウスとディオニュソスは母方の従兄弟でもある。
 ディオニュソスはペンテウスを誘い出すため、人間の姿となってわざと捕らえられる。人の姿をとるディオニュソスは、「女のような風態の外国人」で、巻き髪を長く垂らした優男である。対称的にペンテウスはかなりマッチョのようだ。
 ディオニュソスは己の正体を隠したままペンテウスの尋問を受け、言葉巧みにペンテウスの好奇心をくすぐり、女装してバッカイの様子を探ることにさせる。(ここで、そういえばメナード化粧品の広告に、長いことピーターが起用されてたことがあったなあ、などと思い出す)
 女の服を身につけたペンテウスが樅の木に登ると、ディオニュソスが大声でそれを知らせた。
………………
 「娘たちよ、おまえたちと、私と、我が祭とを
 嘲笑している男を連れて来た。よし、復讐にかかれ」
………………
 たちまちバッカイが押し寄せてペンテウスを引き摺り下ろした。
 その先頭に立っていたのは、ペンテウスの母であるアガウエーだった。
 ペンテウスは母を認めて必死で叫んだ。
………………
……「母さん、私です。あなたの子供、
 ペンテウスです。
………………
 ああ、母さん、あわれんで下さい。私の失策のせいで、
 自分の息子を殺さないで下さい。」
………………
 しかし、ペンテウスの哀願も虚しく、アガウエーは息子の左腕をつかむと、脇腹を踏みつけて引きちぎった。そして叔母のイーノーやアウトノエー、彼女らに率いられたバッカイによって、ペンテウスは生きたまま「スパラグモス」された。
 彼女らは女装したペンテウスを若々しいライオンと錯覚しており、息子の生首を抱えた血塗れのアガウエーは意気揚々と故郷に凱旋する。そしてカドモスに諭されて己の所業に気付き、悲しみのあまり自ら国を後にする。

 ……とまあ、悲劇というかとんでもなくスプラッタな話だが、ニーチェが講義でこの話を取り上げた時、とても生徒のウケが良かったそうだ。
 ちょっと長くなったので、続きは次回に。

 ちなみに、言うまでもなくタイトルの元ネタはこれ↓である。

 

2019年11月29日金曜日

中曽根康弘という権力者を生で見てしまったということ

 中曽根康弘が死んだ。百一歳だったという。一時代を画した政治家でもあるし、せめて「亡くなった」と書いて多少の敬意を表すべきかもしれないが、私はただ「死んだ」としておきたく思う。
 昔々、まだ大学生だった頃、中曽根康弘を「目撃」した。以下に述べる体験は、やや劇画めいてはいるが、まったくの事実である。

2019年10月24日木曜日

この「つまらなさ」はただ事ではない!!の続き

 「つまらない」ものについて語る時、人はただ罵倒するばかりになりがちだ。なぜかというと、「つまらない」ものは人の思考を停止させる働きがあるからだ。
 するとどういうことが起きるかというと、「つまらない」物を罵倒するついでに、その「つまらない」ものを面白がっている人を同時に罵倒してしまう。
 本当は「つまらない」ものと、それを面白がってる人を分離させなければならないし、それを分離して語るということは、おおよそ「時代」について語ることになってくる。
 面白いものはやはり時代に対して垂直に立っているが、「つまらない」ものは時代に寄り添うように寝そべっているものだからだ。


2019年9月30日月曜日

この「つまらなさ」はただ事ではない!!

あした来る人(予告)

 この間、川島雄三の『あした来る人』を見た。これまで川島作品は、どんな駄作だろうがそれなりに楽しめたのだが、これだけはどうしてもダメだった。
 とにかくつまらない。

2019年6月22日土曜日

天使が遠ざかりながら「過去」をカメラで写したとしたらこんな映画になるのだろう

 幼い頃見る夢はどれもモノクロだった。
 それは当時当たり前のことで、色付きの夢を見るのは「き○がい」に多い、などと子供向けの学習雑誌(小学館のやつ)に堂々と書かれていたのを憶えている。なので、たまにカラーの夢を見ると、子供心にショックを受けたりもした。
 だいたい夢だけではなく、写真も映画もテレビもモノクロだった。
 今は、夢を見るとほとんど色がついている。写真も映画もテレビもカラーが普通だ。色付きの夢を見ることが、特殊なことのように言う人もいなくなった。
 だが、幼い頃のことが夢に出てくると、それは今でもモノクロのままだ。
 遠ざかる記憶は色彩を失うものなのか。
 誰もがそうだとは限らないだろうが、過去における「何か」を克明に映そうとするとき、人はそれをモノクロで表すことが多いようだ。
「何か」とは、およそ「罪」に関わる何かである。

2019年5月30日木曜日

座右の銘なんてないけれど折にふれ思い出す言葉のいくつかを書いてみる

    昔むかし、店舗開店当時に雑誌の取材などをぱらぱらと受けていた時、なぜかよく「座右の銘は何ですか?」と質問された。
「ない」と正直に答えるのも気恥かしいように思えて、何かしら適当に答えていたが、何と答えたか全く憶えていない。どう答えようと、それが記事に反映されたことは一度もなかったからだ。

 この世に生まれ落ちて早半世紀が過ぎたが、墨痕淋漓と色紙に書きつけ額装して寝室に飾っておきたくなるような「座右の銘」、などというものは一つもない。
 だが、時折ふと頭に浮かび、なぜか脳内で繰り返されるフレーズならある。
 別にその言葉が人生の指針になってたりなんかぜーんぜんしないのだが。

2019年5月25日土曜日