2018年6月16日土曜日

「読書」が人を殺すことはあるか

    幼い頃、新幹線が大好きだった。そのスタイリッシュなデザイン、当時「世界一」とされたスピードを、子どもながら誇らしく感じていたのだ。それは、日本の将来を、「豊かさ」を約束しているようでもあった。
 その新幹線で、無差別殺人事件が起きた。
 犯人は無職ではあるが、「読書家」であったという。

 しかし、テレビに映し出された犯人の書棚は、なんというか、印象として古本屋の百均の棚のようだった。乱雑で、しかも安っぽい。
 資格試験のテキストは当たり前として、その間に文学全集の一冊が挟まっているところなど、百均の味わいをいっそう増している。



 しかし、『罪と罰』や『存在と時間』を読んでいた、ともいう。
 これは『罪と罰』を超訳し、二年にわたってハイデガーについてブログを書いた私も、いずれ北千住の高架下あたりで刃物を振り回したりする、ということなのだろうか。昼間人おらんけど。


 だが、『罪と罰』をきちんと読んでいたなら、そうした犯罪に走ることなかっただろうし、『存在と時間』なんかは(一)しかないし。
 ここにあげられただけのラインナップをみても、男の知的背景がさっぱり立ち上がってこない。
 聖書の「創世記」をノートしていたようだが、ただ丸写ししていただけのようでもある。
 それでも塩野七生くらいは一応読んでいた、のかもしれないが。

 この「犯人=読書家」の報に接して、ふと曖昧なデジャヴにとらわれた。
 それが何なのかすぐわからなかったが、しばらくしてようやく思い至った。
 二〇一四年に、日本だけでなく海外のメディアも騒がせた、『アンネの日記 』連続破り取り事件である。図書館にある『アンネの日記』のページを、一人の男が破って回った、というものだ。
 この事件について、私は以前三回にわたってエントリーを書いている。

本を破るということは

   手前味噌になるが、ここから引用しつつ論を展げてみたい。
 この「アンネの日記連続破損事件」の犯人について、私は以前このように書いている。
………………
さて、本を破ったのは顔も名前もわからない男だが、一つだけ確信を持って言えることがある。
 この男は本を読んでない、ということだ。
 もちろん『アンネの日記』も。

………………
 自分の文章を引用するのも妙な心地だが、同じ内容を繰り返すのも芸がないので、無精をきめこまさせていただく。
 実際、新幹線の事件の犯人も、『罪と罰』をきちんと読んでいたなら、バカな犯行には至らなかったはずだ。
 さらに、私はこう続けている。
………………
 読んでもいないのに、読んだつもりになっている。
 知りもしないのに、知ったつもりになっている。
 わかりもしないのに、わかったつもりになっている。
 人がこうして背伸びをするとき、おおよその場合、「怒り」を踏み台にする。
 全世界と対峙してそこに「怒り」をぶつけるとき、すべてを凌駕した「超人」となれるような気がするからだ。

………………
 その「怒り」はどこからくるのか。
 それは貧しさからくる、と言ってもただお金が足らないとか、そういう話ではない。
………………
 世界からの拒絶、社会からの隔絶がその根本にある。
………………
  そうした場合、世界へと向けられる「怒り」は、即ち世界の「豊かさ」へと向けられる。
「豊かさ」というのは金銭ばかりじゃない。資本主義的価値観が隅々まで行き渡った現代において、金銭の豊かさをうらやむのはおおっぴらにはしづらくなっている。
 なので、それ以外の豊かさ、知識が「豊か」である、人生経験が「豊か」である、精神が「豊か」である、などなどの事柄が、「怒り」の対象とされてしまう。
 それは具体的に、インテリゲンチャ(知識が豊か)、老人(人生経験が豊か)などである。
 そしてさらに、その矛先は弱者へと向けられる。
 弱者が「豊か」だと言うわけではない。
 弱者を守ろうとする考えが「豊か」だからだ。それは精神が「豊か」だということでもある。
「怒り」を抱く人たちが弱者をその標的とするとき、本当のターゲットはそれらを守ろうとする者の「豊かさ」なのだ。
………………
 新幹線で殺された男性は、女性二人を守ろうとして殺害されたという。
 女性という弱者を守る「豊か」な行動は、貧しい男の殺意を一層煽ったことだろう。
 それから、嫌味なことを正直に書いてしまう私は、こんな予言も残している。
………………
こういうのって、ことあるごとに蒸し返されたりするんだよ。
………………
 犯行の背景となった状況が、改善されることなくさらに悪化しているのだから、犯罪もより深刻なものとなる。
………………
世界が酷薄さを増し、千尋の谷に突き落とされてなお這い上がる者のみを愛するなら、やがて谷底から亡霊が這い上がってくる、ということだ。
………………
 犯人を批判することはたやすい。
 しかし、その犯行の背景として透けて見える、「貧しさへの不寛容」に対し、もう少し目を向けてみても良いのではないだろうか。
 日本は豊かになるにつれ、貧しさに対して不寛容となり、豊かさを失うにつれ、その不寛容によって己の首を絞めている。
 犯人が「新幹線」という、かつて「豊か」な夢を背負った乗り物を犯行現場に選んだことは、偶然のようには思われないのだ。 

 

2018年6月15日金曜日

余は如何にしてスマホゾンビとなりし乎

    世の中に大きな変革が起きた時、その変化が真に「大きい」かどうか測るには、その変化が起きる前の生活をリアルに思い出せるかどうか、でわかるのではないだろうか。
 スマホがもたらした変革は、そうした意味でかなり「大きい」と言えるのではないか。
 実際、スマホというものがなかった頃、どのようにしていたのか、断片的には思い出せても、それはリアルな感触を持ったものとして立ち上がってこない。
 自転車に乗れるようになった時、自分が以前どのようにして自転車に「乗れなかったか」、上手く思い出せないことに似ている。

2018年6月1日金曜日

誰がなんと言おうと『菊と刀』は超絶的な名著であるということの続き

The Chrysanthemum and the Sword: Patterns of Japanese Culture
 前回からの続き

 当時はネット環境なんかなかったので、タウンページで件の公的機関の住所と電話番号を調べた。
 出かける前に、念のために確認した。
「とにかく先方に謝るってことでいいんですね?」
 おじいさんは顔を真っ赤にして怒鳴った。
「うるさい!!生意気なことをぬかすな!!!」

誰がなんと言おうと『菊と刀』は超絶的な名著であるということ

菊と刀―日本文化の型 (現代教養文庫 A 501)


 そのうち書こう、と思って書かないままになっている話がある。
 あまり心地の良い話ではない。
 おまけに、どう書いたらうまく人に伝えられるのかよくわからないし、実は今もわからないままだ。

2018年5月25日金曜日

セクハラという悪夢を封印する「システム」としての「恋愛」と「結婚」

 なんか知らんアメフトの人気が出ているような昨今ではあるが(白々しいなあ)、アメフトといえば数年前に話題になったこんな動画が思い出される。

2018年5月22日火曜日

No to mention, unsportsmanlike, HAHAHAHA!! とレプリカントは笑った

7'25"辺りのセリフ

    タイトルは映画『ブレードランナー』のセリフから。日本語字幕は忘れてしまったが、意味としては「まるっきりフェアじゃないな、ハハハハ!」というところか。ベタに直訳すると「言うまでもなく、スポーツマンらしくない。ハハハハ!」といった感じ。
 そう、「スポーツ」は公正であることの代名詞なのだ。

 スポーツにおける「公正」とはなんだろう。
 やはりお互いにルールを守り、全力を尽くして戦い、勝敗について不服を口にせず、敗者は勝者を称え、勝者は敗者をねぎらう、と。
 競技に優勝劣敗はつきものであり、スポーツはそれを明らかにすることが究極の目標である。その目標がない運動は、ただの遊戯とされる。
 しかし、その「公正」がずーっと昔からそのままの「公正」だったかというと、ちょっと違ってくる。

2018年5月8日火曜日

「それの何が悪いの?」という人には「悪いのはお前の頭だ」と応えたくはあるのだけれど

    人はいつ、自らの「悪」を認識するのだろうか。
 やはりおいたをした時、例えばチャンバラ遊びが過ぎて棚から七宝焼の花瓶を落とし、母親からこれ以上ない不快な金切り声にのせてあらん限りの罵倒を投げつけられた時だろうか。
 その時人は、自分が「悪い」とは思っていなくても、「悪」とは自らの想いを超えた所に基準があるのだと知る。
 しかし、その叱り方があまりにも感情的で論理的で理不尽であった時、人は思考を停止させて、「他人」に見つからなければ何をやっても「悪」とはならない、というニヒリズムを身につける。
 そうした「ガキ」がそのまま大人になって何かやらかすと、平気でこう言い放つのである。
「それの何が悪いの?」

2018年5月6日日曜日

やってきたのは嵐の言葉♪俺たちのウソを見破るため♪【快楽はいつウソになるのか?編】

『ライク・サムワン・イン・ラブ』予告編

 実は私は、結構な泣き虫である。
 しかし、「男は生涯に三度しか泣かないものだ」と祖母(先年百歳で亡くなった)から躾けられたため、涙を我慢するのだけは上手になった。ちなみに「三度」というのは、「右目から涙を流すのはお父さんが死んだ時、左目はお母さんが死んだ時、両目から流すのはキン●マなくした時」とのことである。