2016年1月7日木曜日

ブーレーズが同時代に生きていたことを感謝する

 ピエール・ブーレーズが亡くなった。九十歳だった。
 彼に長命を与えてくれた神に、素直に感謝したい。



Pierre Boulez, Composer and Conductor Who Pushed Modernism’s Boundaries, Dies at 90

 作曲家として多くのすばらしい曲を残しただけでなく、指揮においても厳密な解釈によって多くの曲を蘇らせた。ストラヴィンスキーの『春の祭典』は、彼の解釈無しには後世に残らなかっただろう。

   楽曲では、なんといっても『ル・マルトー・サン・メートル』が有名だ。

 「二十世紀の」クラッシックを形作り、それを二一世紀に向けて伝えることが出来たことは、その多くをブーレーズの事績に負っている。
 あれこれとつまらないことを言うのはやめ、今はただ彼の残してくれたものにひたっていたい。

 R.I.P.

0 件のコメント:

コメントを投稿